目の下にクマがあると、老けて見えたり、疲れているように見えるなど、陰鬱な感じがしますね。何とかしたい目の下のクマですが、原因の多くは、皮膚の下のヘモグロビンやミオグロビンなどの色素、そして、血管が透けて見えているからなのです。目の下の皮膚は0.6ミリととても薄く、卵の薄皮程度しかありません。そのため、肌の調子によっては、色素が透けて見えてしまうのです。でも、なぜ血管が透けて見えるようになるのでしょうか。原因としては、睡眠不足や食生活の乱れ、疲労、加齢、ストレス、冷え、その他の病気などが挙げられます。暗い印象を与えてしまう目の下のクマ、改善する方法はいくつかありますが、その中の一つとして挙げられるのが漢方薬です。クマを漢方的に考えると、疲労やストレスが溜まってくると起きやすい「気滞血オ」。つまり、気の流れがうまくいかない(気滞)状態と、血流が悪くなった状態のことです。さらに言えば、女性ホルモンをはじめとする内分泌を司る「腎」をしっかり補うことで、気になる目の下のクマは解消されるというわけ。どのような漢方を使用するかは、専門家により異なりますが、主に体を温める効果のある生薬や、ホルモンバランスを整える生薬を数種類混合したものなどを服用することになります。服用に際しては、必ず漢方薬の専門家に相談することが大切です。また、効果が現れるまで時間がかかりますから、根気よく続けるようにしましょうー